キャッシングの金利と融資額の関係

キャッシング企業から、無料で融資を受けるのは難しいでしょう。たしかに、無利息キャンペーンを活かして、実質金利0%の借り入れを可能にできるケースもあります。しかし通常は、該当する金利から発生する、利息を対価として支払うことでしょう。

 

キャッシング企業を絞る前は、各企業で違う利率を比べられるはずです。企業の金利に留意されると、そこに規則性が無いと感じられるかもしれません。しかし実際にはある基準の基で、企業は金利の数値を決めているのです。

 

企業が基準とする金利は融資額で異なります。法律が予定する最高上限金利は年利20%ですが、これは融資額が10万円以下のケースに該当します。融資金が10万円を超えて尚且つ100万円以内であれば、予定の上限年利は18%にまで引き下げられるでしょう。さらに、100万円を超える高額融資の場合には、年利15%が上限金利になります。

 

そのため、少しだけ借りる5万円キャッシングの場合においては、女王現金利となる場合がほとんどなのです。

 

この様に法律では、上限金利を段階的に設けます。融資金が高額になればなるほど、上限金利が低下することが、上記の内容から読み取れるでしょう。仮に法律の基準を無視した金利を発見された場合には、ご利用を絶対に止めてください。

 

以前程は勢力が強くありませんが、闇金融は今でも確実に存在します。この様なところとは、接触の機会を設けてはいけません。